税理士になるまでの時間とお金、将来性について

税理士になるための方法論と将来性を考える

税理士になるために

税理士という仕事を理解した上で、どのように目指すかを考える際にルートを予め定めておきたいところです。 税理士になるためには一般的には大学を出て試験を受け、実務につくというルートが考えられますが、ほかにもあります。 大卒者以外の合格者も多いです。

税理士試験をパスするために

税理士試験の合格率は10%代にとどまっており、難度の高い試験といえます。独学での合格はなかなか難しいとあり、スクール活用を考える必要があります。 その際に気になるのは費用です。数年かけての受験となるものなので、効率のよい勉強をしたいものです。

税理士の将来を考える

イギリスの研究論文で、AIにとってかわられる職業というのが発表されました。そのなかに税務に関する仕事も含まれていました。 ほかにもいろいろありましたが、何かが発達・進化すれば何かが廃れる、という事象は社会史のなかで幾度となく繰り返されてきました。

どのように税理士になるか

毎年、年末調整の時期や、確定申告の時期になると税金…という言葉が頭をよぎります。
ふるさと納税などの話題でも、節税…といった言葉を意識する人が増えました。
納税の義務があることは重々承知していても、税に関しては難しい・わからない、といった人が多いですね。
特に企業勤めですと自分で計算して…といったことが少ないのであまりわからずに来たということもあります。
ひとたび税務作業にかかわると、税理士の力を借りないと難しいと感じてしまうものでしょう。

税理士は国家資格をもち、税理士にしか権限がない仕事をしています。
税務にかかわる仕事をしたいという場合、資格を得ないとなりません。
そんな税理士ですが、職業としてつくためにはどのような勉強をして、お金はどのくらいかかるのかは気になるところです。
難関試験として名を馳せているのでちょこっと勉強しただけではなかなか合格には覚束ないでしょう。
計画的に勉強をしないとなりません。スケジュールをたてて税理士試験にのぞみたいところです。

ですが、税理士になるという目標をたてたはいいが、将来は仕事が危うい?という話もたびたび持ち上がっています。
IT化とともにAIの進歩も目覚ましいものがあり、単純作業は人間がやるものではなくなる可能性があります。

このサイトでは、税理士の勉強方法についてまとめていますが、その将来性についてもまとめています。
税理士として競争を勝ち抜き仕事を得るにはどうしたらいいのか、考えてみました。

おすすめリンク