税理士になるために

税理士とは

税理士とは読んで字のごとく税務の仕事をする職業です。
確定申告や年末調整、決算の時期などはよく目にするものかもしれませんが、具体的に何をしているのかは勤め人の多くはよく知らないものですね。

税理士は国家資格が必要であり、その仕事には独占業務も含まれています。
独占業務とは、資格を持っている人だけが行うことが出来る業務です。
税理士の独占業務は、税務代行と税務書類作成と税務相談の3つとなります。
これは、税務署に対して依頼者の税金の申告作業を行い、税申告の際には依頼者の申告書類を作成する業務です。
また、節税などの相談も受けています。

繁忙期は年末や確定申告時期といえますが、そのほかにも企業の税務上の相談を受けたりします。

税理士になるための方法

税理士になる方法をご案内します。
税理士試験をパスすること。会計士や弁護士の資格を得ていること。税務署に勤務すること。などがあげられます。

税理士の試験を受けるには、だれでもというわけではなく受験資格があります。
基本的に大学や短大、高専で法律学や経済学の単位を取得している必要があります。
あるいは日商簿記1級の資格を持つか、税理士事務所・会計事務所・弁護士事務所で実務経験がある場合、受験資格を得ることができます。

税理士試験は5科目からなります。
会計学より、簿記論・財務諸表論
税法より、
所得税法・法人税法・相続税法・消費税法または酒税法・国税徴収法・住民税または事業税・固定資産税
から3科目選択となります。