税理士試験をパスするために

税理士になるための勉強

税理士試験は合格ラインは60%で、年1回の実施です。
5科目すべて一度に合格する必要はなく、一科目ずつ受験することもできます。
大学院進学で科目免除をすることができます。

税理士試験は合格率は低く、難関といわれています。
受験資格に一定の学歴が含まれていますが、ほかにも方法があるので必ずしも大卒や院卒でないといけないわけではありません。
とはいえ、難関の試験ですので完全な独学だとなかなか難しいものがあります。
税法も頻繁に改正されるので専門的な勉強が必要です。
税理士試験対策用の講座を開いているスクールはたくさんあり、そこに通う人は多いです。
何年かかけて試験を受けることが可能ですので、スクールにも2年や4年かけて通うケースが一般的です。
よく言われる、税理士になるための勉強時間は3000時間とあります。

在宅で勉強ができる通信講座もあるので、自分のペースでやりたい人はこれを選択するという方法もあります。

税理士になるためにかかる費用とは

税理士試験の受験資格には、大学などで一定の学問を履修することという規定もあるため、大学に通うということを必須ととらえる人もいます。
その場合は大学の学費が必要となります。
さらにスクールに通って勉強するとなるとそこの費用も出ます。
合格に必要な5科目をひとつひとつ丁寧に教わることができ、科目ごとに費用を計算できます。
通学ですと、科目によって変わりますが15~20万円ほどかかると見たほうがいいでしょう。
5科目になると70~100万ほどになるでしょう。

通信講座は、通学よりも費用を安く抑えることができます。
安いところですと、一科目5万ほどで受講することができます。

通信講座は学習のスケジュール管理をしっかりしないとさぼってしまうというデメリットはありますが、価格面や効率面では魅力的ですね。