税理士の将来を考える

税理士は将来なくなってしまうのか

最近AIが話題となり、人に代わってAIができる仕事が取り上げられました。
その中には税務申告の代行なども入っています。
単純作業や数字の計算などはAIに任せればいいのではないかという予見があり、税理士という職務は将来なくなってしまうのではないかといわれました。
独占業務ではあるものの、作業要素の多い仕事でありAIの得意分野でもあるのです。
こうした業務は税理士以外にもいろいろあり、何年か後にはもしかしたら社会の構造が大幅に変わっているかもしれません。

税理士自体が早々に消滅するとは考えにくいですが、仕事自体は大幅に減る可能性はあります。
いわゆる作業はAIのほうが早いですし、数がこなせるので人間がやる必要がなくなっていきます。

税理士がこの先生きのこるには

AIが発達していくだろう世の中とはいえ、すべてAIに置き換わると考えるのは早計です。
相談業務はコミュニケーションを大事にする人も多いため、この力がある税理士は必要とされるでしょう。
コンピュータ相手にささっとアドバイスを受けるのが楽だという人も多いですが、人ならではのつながりを求める人も多いです。
AIにはできないであろう分野を強化していく考えをもってすれば、差別化の方法論で税理士として仕事が増えるかもしれませんね。

また税理士自身がAIを使いこなすスキルをもっていれば、逆に仕事が集中することも考えられます。
人がAIに使われる未来が見え隠れしますが、逆にAIに単純作業をまかせ、最終的な判断は人間がする、というかたちがスタンダードになっていくかもしれません。
そうしたスキルを取得するようにすれば将来性がない職業というものは減っていくことでしょう。